ゆとりある良い暮らし

「ゆとりある良い暮らし」を目指して、仕事と子育てを頑張るマヴィの日記

「根こそぎ革命」を使って風呂釜洗浄をしました

 先日、「根こそぎ革命」で洗濯槽の洗浄をしましたが、今回は風呂釜の

洗浄に挑戦しました。

「根こそぎ革命」での洗濯槽の洗浄は満足度50% ↓

yutoriaru-yoi-kurashi.hatenablog.com

 ウチのお風呂は約2年前にリフォームし、その後まともに風呂釜洗浄を

してません(汗)

2年間の湯垢を退治することが出来るのでしょうか。
さて、今回の風呂釜洗浄の結果やいかに。

 

 こちらがテレビショッピングで購入した「根こそぎ革命」↓

根こそぎ革命で風呂釜洗浄をしました

 

使い方はいたって簡単。
まず、浴槽の一つ穴の上5~10㎝まで水を入れ、
一つ穴の付近に「根こそぎ革命」A剤一袋を全量投入します。
使用方法には、この時必ず水を使用する事と書かれています。

風呂釜のひとつ穴の上まで水を入れる

追い焚きのスイッチを入れて15分ほど沸かします。
沸かす温度は40~43℃。この時点で浴槽の中は特に変化無し。

追い焚きで15分間お湯を沸かす

次にB剤(発泡促進剤)を一本分投入。
すると、ブクブクと発泡し始め浴槽の水が白っぽくなりました。
この時点でも浴槽の中は特に変化無し。

発泡促進剤を入れるとボコボコと音がします

そのまま追い焚きを続けます。
発泡促進剤を入れたことで風呂釜からボコッボコッと言う大きな音がして

ちょっと心配になります。
一方で、この発泡作用でベロンベロンと湯垢が剥がれ落ちて行きそうで

期待も高まります!

風呂の水が43℃になって追い焚きがストップしました。
洗濯槽の時の教訓を生かし、フタをしてこのまま3時間放置し洗浄剤を

風呂釜にじっくり浸透させます。
この時点でも浴槽の中は特に変化無し。

そして、3時間後。
フタをあけて、あら、ビックリ?!
水はキレイなまま。湯垢らしきものも浮いていません。

辛うじて、底の方で透明なピロピロのようなものが1つ2つ漂ってます。
う~ん。これが湯垢なのかな?
湯垢の元?これがもっともっと汚れて最後に立派な湯垢になる?

それとも、眼には見えないだけでこの水の中には無数の雑菌がうごめいているとか。
さて、この結果をどう捉えるかですが。

1.2年間使ってるけど、湯垢はそんなに貯まってなかったんだ~。わ~いわ~い。

2.あまりの湯垢のコビリ付きように、「根こそぎ革命」でも太刀打ち出来

  なかったんだ~。

さて、どちらでしょう?
よ~く考えて、今回は1を選びました。

その根拠とは。

・お風呂は毎日お湯を入れ替えて入る。
・追い焚きはめったに使わない。
・家族が続けて入り、最後の人が直ぐに排水する。
・浴槽に残り湯を貯めておくことはしない。

考えるに、ぬるま湯を浴槽に置いたままにすることで風呂水の中に雑菌が繁殖し

風呂釜の中に入り込み、それが湯垢の元になっているのではないかと。

 

今回はドロドロとした汚れは出てこなかったけれど、雑菌処理は出来たんじゃあ

ないかなぁ。と言うことで一応納得です!