ゆとりある良い暮らし

「ゆとりある良い暮らし」を目指して、仕事と子育てを頑張るマヴィの日記

更年期障害に翻弄されず元気に暮らそうよ

f:id:ma-vie:20170723130144j:plain

 このブログを書いている私は、現在51歳。
更年期のど真ん中に居ます。

今思えば、更年期障害の症状が出始めていたのはたぶん5年前の46歳の時。

生理の1週間前になると、感情の起伏が激しくなってイライラが爆発してました。
自分でも「何でこんなにイライラするの?」と不思議に感じるくらい

訳がわからずとにかくムカついてイライラしていたことを覚えています。

 

仕事中でもちょっとしたミスがきっかけでイライラし、焦って仕事を進めようと

すればするほどうまく行かず、またイライラムカつく!

周りの人たちに気づかれまいとして、表面上は何事もないように振舞っていたので

それも余計なストレスをためる原因になったかも。


ごく普通の日常生活をしているにも関わらず、急に不安な気分になったり

落ち込んだりボーっとして、意味もなく涙がこぼれ落ちることもありました。


また、その頃同時にひどい頭痛に悩まされ、病気を疑って病院で検査するも

どこにも異常は無く。

でも、頭痛は全く消えないので鎮痛剤を飲んだり、マッサージで肩こりや腰痛を

ほぐしたり。いろいろ試しましたが全く効果はなかったです。


あとで気づかされることですが、これらの不調はほぼ「更年期障害」にあてはまる

そうです。
46歳時点での私は、まだ「更年期」と言う症状にピンと来ていなかったのです。
まだまだ若いつもりでいたので、認めたくない思いともう少し先かな~?
くらいにしか考えてなかったのです。

 

そんな時、2年に1回の人間ドックを受けるために総合病院に行くことになりました。
この時はまだ頭痛も続いており、くよくよすることも多く、そしていつも風邪気味の

ような症状があって、あまりにも体調が悪かったため通常のドックにがん検診や

脳ドック、すべての婦人科健診もプラスして受診しました。

 

ドック検診の結果、体のどこにも異常はなく安心しましたが、不調の原因で一つだけ

当てはまることがあり、それが「更年期障害」だったのです。

この時の婦人科検診で、乳がん・子宮頸がん・子宮筋腫の検査を受け、最後に問診が

ありました。


ここで今までの不快な症状について一気に先生にお話ししました。
仕事や子育ての事、同居する姑への不満、その他にも誰にも話したことのないような

話まで聞いて頂きました。

 

婦人科の先生は

「今までの不快な症状はすべて更年期のせいですよ。よく頑張りましたね」
「もう大丈夫ですよ。症状を抑えるお薬を処方しましょう。」と

おっしゃってくださいました。

この先生の言葉で不覚にも、ツツツー、と涙がこぼれたのです。
とてもホットして、救われた気持ちになりました。


まさか?更年期?まだ46才なのに?

でも、ネットで調べれば更年期は大体45才~50才の時に症状が出て来ると書かれて

います。
「若年性更年期障害」というのもあって、もっと早い時期に症状が出る人もいる

そうです。

自分の認識不足を痛感しました。もっと早く気づいていれば楽になれたのに。


そして、この時にすすめられたのが、低用量ピルによるホルモン補充療法

(HRT)です。
更年期になってくると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に低下します。
このことによって、様々な不快症状が更年期障害となって現れて来るのです。

 

HRTに使用されるのは低用量ピルよりもさらにホルモン量の少ないお薬。
体の中で分泌しなくなったエストロゲンを補充することで、更年期障害の不快な
症状を抑えることが出来ます。

 

女性ホルモンが満たされているおかげで髪の毛のツヤ、お肌の潤いも保たれて
美容的にも効果があるようです。骨粗しょう症の予防にも良いそうです。
私は若い頃から超乾燥肌で、年を取ったら皺くちゃになる~、と恐怖を抱いていた

けれど低用量ピルを飲み始めてから、乾燥が気にならなくなりました。


HRTを初めてから、イライラしたりクヨクヨすることもなくなり、頭痛もスッと消えて、お肌の調子も良いです。

もちろん、お薬ですから副作用の心配はあります。
今は3か月に一度受診し、3か月分のお薬を処方していただき、また半年に一度血液検査
(Dダイマー検査)をしています。
HRTを行っている場合、まれに脚に血栓ができることがあるそうです。
この血液検査は血栓の有無を調べるために欠かせないものです。

 

定期的な受診と検査、きちんとした処方を受けていれば、副作用のリスクは深く考えなくても大丈夫だと私は思っています。
むしろ、リスクよりもメリットの方が大きいとさえ感じています。

 

f:id:ma-vie:20170723132505j:plain


更年期障害の症状に悩んでいる女性の皆さん!

一度婦人科を受診して相談してみてはいかがですか?
心と体がとっても楽になりますよ!

 

ホルモン剤に抵抗のある方は漢方薬も処方してもらえると思います。
(私も最初はホルモン剤漢方薬を併用していました)

または、市販の更年期障害の改善薬などを試してみるのも良いかもしれません。

 

まだ50代!人生の楽しみはまだまだこれからです!
元気にやりましょう!