ゆとりある良い暮らし

「ゆとりある良い暮らし」を目指して、仕事と子育てを頑張るマヴィの日記

「根こそぎ革命」を使って洗濯槽のカビ取りをしてみた結果と後日談

 

つい先日の夜、歯磨きをしながらテレビをつけると、

とても魅力的な商品が紹介されてました。
それが、こちら「根こそぎ革命」です。↓

洗濯槽のカビ取り剤

  洗濯槽のカビ取り洗剤ですね。

 

そう言えば、ウチの洗濯機の掃除したのはたしか、、、4か月前。
もうそろそろ気持ちワルイことになってるよね。

こまめに槽洗浄をしてない洗濯槽の裏側にはピロピロわかめがへばりついてる

可能性大!可能性、と言うか、必ず付いてるそうです(汗)


まあ、カビ取りしたいのはやまやまだけど、この作業は超面倒くさい!

ナゼかと言うと、私がいつも使ってるのがこちら↓

過炭酸ナトリウム350円

 これは、酸素系・弱アルカリ性の過炭酸ナトリウム。
ホームセンターやドラッグストアで手軽に買えます。
お値段はたしか、350円程度だったような。。
これを一袋使って洗濯槽を洗浄すると、本当に気持ち良いくらいに毎回

ピロピロわかめがごっそり取れるのです。

 

ただ、使う時には超面倒くさい問題が、、、。
それが、コイツを使うには40~50℃のお湯が必要と言うこと。

「湯(40~50℃)を洗濯槽の高水位まで入れ~~」と書かれている。

過炭酸ナトリウムにはお湯が必要

 (見える?)

 ウチの洗濯機用の蛇口は「水」しか出ないので、洗濯槽にお湯を張ろうとすると

大変なのです。

以前は洗面台でバケツに高温のお湯を貯めて風呂水ポンプで給水してましたが、

そのポンプが壊れてしまい、洗濯槽の掃除のためだけにポンプを買うのも

はばかられ、その結果、、、、。

 

洗濯槽の半分くらいまで給水、そのあとヤカンやパスタ用の大鍋でお湯を沸かし

洗濯槽に投入すること数回。
これで足りなければ洗面器にお湯を貯めて、洗濯槽に入れる。。。。

と、これでやっと準備が整うわけで。毎回超面倒なのです。


ところが、紹介されてた「根こそぎ革命」は「水」だけで、しかもたったの

20分位で終了!
なんて、優れものなんでしょか。
と、感動してすぐに注文したわけです。


数日後届いた商品がこちら↓(最初と同じ写真!)

根こそぎ革命3

 洗濯槽・風呂釜用とキッチン小物用のミニサイズがついてます。
小さいボトルB剤は発泡促進剤と書かれています。

 

 では、いざ挑戦。

まずは水を高水位まで貯めて「根こそぎ革命」A剤を1袋全量入れて
15分間通常運転させて↓

洗濯機のスイッチを入れる

 終わったらここで一旦電源を切って、蓋を開けてみる。

洗濯槽に浮かび出てきた黒カビ

 う~ん。なんか微妙。

次にB剤(発泡促進剤)を投入。すると、プクプクと発泡しはじめ、

全体が酸素の泡で包み込まれたようになりました。

発泡促進剤を入れてみる

 再度電源を入れて5分間くらい通常運転。

で、また開けたところ。

洗濯槽に浮かび出てきた黒カビ2

 う~ん。やっぱりなんか微妙。
思ってたんと違う~ってやつです。


一応、アミですくってみたけど。いつもとはちょっと違いました。

網に引っかかった黒カビ

 ここで結論1。
あ~。やっぱり「お湯」か。

それとも、まだそんなに汚れてなかったとか?!
でも、ウチの洗濯機の掃除したのはたしか、、、4か月前。

ってことは、そろそろ恐ろしいことになってるはずなのに。

 

ちなみに、糸くずネットにはこれだけついてました。(汚くてゴメンナサイ)

糸くずネットにへばりついた黒カビ

で、最後は通常運転で1回まわして終了、なんだけど1回だけじゃピロピロわかめは
退治出来ません。
これは経験上、絶対に言えること!

念には念を入れて3回通常運転しました。
でも、ここまでやっても、完全には取り切れてないんですよね。

 

次の日の洗濯後の糸くず入れには、ちっちゃ~いピロピロがたっぷり入ってます(汗)

本当に気持ちワルイ。


そこで、私の出した結論2。

洗浄剤を使っても、ピロピロわかめは全部取り切れてないということ。

続けざまに2回やって、すすぎもこれでもかと言うくらいやるべし!

 

はぁ~~~。

今回の満足度、50%なり。

 

 

(そして、後日談)

この話を職場のAさんにしていたら、なんとAさんから衝撃的なお言葉が!

「私はハイター使ってる。キレイになるよ。」

・・・・。

 

ハ・ハイターですとーっ?

 

ハイターって、衣料品の漂白をするアレですよね?

衣料用漂白剤でピロピロわかめがキレイに取れるなんて!

何だか頭の中に???クエスチョンマークがいっぱい並びました。

 

で、Aさんに話を聞くと、いつもワイドハイターの粉末タイプを使ってるそうです。

ワイドハイターも酸素系漂白剤なので、小さいお子さんが居るAさんも匂いを気にせず

安心して使えるとのこと。

 

使い方の流れは「根こそぎ革命」と同じでした。

しかし、Aさんはピロピロわかめを、それこそ根こそぎ取り除くために、かなり時間をかけておられました。

そして、やはり水ではなく40~50℃の「お湯」を使うことが重要とのこと。

 

(ここまでの結論)

1.酸素系漂白剤を使う

  「根こそぎ革命」でも、過炭酸ナトリウムでも、ワイドハイター粉末でも、酸素系   漂白剤なら何でも良い。

 

2.40~50℃のお湯を高水位まで張る

  カビを含む、汚れの洗浄には水より「お湯」が効果的。

 

3.酸素系漂白剤を入れて10分間運転し、スイッチを切ってそのまま放置

  お湯と漂白剤の力を最大限に引き出すべく、3時間~一晩つけ置き。

 

4.この際水道代は気にしない

  ピロピロが姿を消すまですすぎを繰り返す。水を大量に使うのは気が引けるけど   この工程は重要。

 

せっかく買った「根こそぎ革命」。

より効果的に使うために、ここまでの結論をもとにもう一度チャレンジしてみようと思います。

とりあえず、1か月後?くらいを目途に結果を報告します!